MENU

TEL

Method家づくりへの工法

ハウスガードシステム

  • 緑の柱

    緑の柱は加圧注入処理の色。腐らない・白蟻に強い

  • 安全な薬剤

    安全性は確認済。マイトレックACQ
    塩化ベンザルコニウム+銅

  • 20年保証

    防腐・防蟻 20年の長期保証
    (最大300万円損害賠償保証)

ハウスガードシステムとは、一般的には「緑の柱」として広く知られている、腐らない・シロアリの蟻害が出ない木材を使って建てる長期耐久性がある家のことです。
10年後の簡単なメンテナンスで20年もの保証を実現しています。
LOHOUSEでは標準仕様としてハウスガードを推進しています。

快適にいつまでも暮らせることを目標に

私達は「本当の長寿命住宅とは、住んでいる間中ずっと安全、安心を確保できる物であるべきだ」という信念のもと、ハウスガードシステムをすすめています。

家を長持ちさせるには、以下のものが必要です。

  • 1.構造に使う木材の耐久性
  • 2.構造に使う住宅金物の耐久性
  • 3.構造計画・構造計算
  • 4.気密 断熱 省エネの性能
  • 5.定期的な点検

家を建てた後は、床や壁を剥がせないため、点検ができません。
腐れやシロアリに気付くことが遅れると被害が大きくなるリスクがあります。

しかし、ハウスガードシステムの家は、新築時の耐久性を保ち続ける「緑の柱」を使うことで、半永久的に腐れやシロアリ被害の心配がありません。

現状考えられる最高レベルの木材保存の方法を用いることで、リフォームや建て替え時に余計な出費がなく、数世代に渡って利用できる家をご提供いたします。

高断熱、高耐久性 パワーボード

旭化成建材のパワーボードは、日本の木造住宅のために開発された外壁用のパネルです。

パワーボードの発売は1980年。 ALCの優れた性能を木造住宅でも可能にするために開発された、木造住宅専用の外壁材です。37ミリという厚さは、他の木造用外壁材に比べ高い防火性や遮音性をもたらすとともに、建物に重厚感や高級感を与えてくれます。 また、気乾比重0.6の軽量性により、木造の構造体にも負担の少ない外壁材です。パワーボードの優れた性能は、木造住宅における30年以上の歴史の実績が証明しています。

耐久性
パワーボードは経年変化に強く、とても安定した素材(トパモライト結晶)で構成されています。乾燥収縮率や熱膨張率も小さく、反り・たわみ等の変化が起きにくい材料です。
防火性
パワーボードは火や熱に強いコンクリート系外壁材です。素材は無機質の珪石などであるため、炎や熱を受けても発火することがなく、煙や有毒ガスも発生しません。また、内部の細かい気泡が、熱の伝わりも抑えます。
遮音性
パワーボードは、音の反射が大きく音を通しにくい素材です。さらに壁体内に伝わった音は、37ミリの厚さ内に無数にある独立気泡が吸収するためさらに遮音効果を発揮し、室内への音の侵入を低減します。
意匠性
コンクリート系特有の質感とパネルの厚みで、木造住宅の外壁に重圧感のある、落ち着いた雰囲気を作り出します。標準パネルに加え、デザインパネルがあり、組み合わせにより多彩な外観を想像できます。
超温性
パワーボードは内部に無数の気泡を有しており、水蒸気を通しやすい外壁材です。この為、冬季の壁体内結露対策にも効果を発揮できます。
断熱性
パワーボードの素材は軽量気泡コンクリートです。パネル内部の無数の気泡の動きにより、木造住宅用外壁材の中では優れた断熱性を持っています。

長期優良・ZEH対応

長期優良住宅

長期優良住宅のメリット

住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

耐震性
耐震性地震に強く、倒壊しにくい安心の家
耐久性能(劣化対策)
構造や骨組みのしっかりした長く住める家
維持管理・更新の容易性
メンテナンスの容易な家
住戸面積
必要な広さが確保された、暮らしやすい家
省エネルギー性
地球にやさしく、家計にもやさしい家
居住環境
地域のまちなみと調和した家
維持保全(維持保全管理、住宅履歴情報の整備)
「住まいの履歴書」付きの、長く快適に住み続けられる家

長期優良住宅の金銭的なメリット

住宅を長期にわたり良好な状態で使用できるメリットだけではありません。 一般の住宅と比べて住宅ローン減税や登録免許税・固定資産税などの軽減効果が大きく、国の補助金などの金銭的なメリットもあります。

所得税の住宅ローン控除
居住開始年が平成25年であれば、控除対象限度額が一般住宅なら2,000万円のところ、長期優良住宅なら3,000万円となります。
10年間の最大控除額は一般住宅なら200万円のところ、長期優良住宅なら300万円となります。
所得税の投資型減税
標準的な性能強化費用相当額(上限500万円)の10%相当額を、その年の所得税額から控除できます。
また、控除額がその年の所得税額を超える場合は翌年に控除できます。
登録免許税
所有権の移転登記・保存登記の登録免許税が軽減されます。
不動産取得税
一般住宅であれば、1,200万円の控除ですが、長期優良住宅なら1,300万円の控除となります。
固定資産税
固定資産税は一般住宅であっても1/2に軽減されているのですが、軽減期間が3年のところを5年となります(一戸建ての場合)。
また、フラット35S(住宅ローン)において金利優遇を受けられるメリットもあります。

ZEHとは

Net Zero Energy House

ZEHとは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間の消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅のことです

展示会ご予約

展示会
ご予約

メールでの問い合わせ

メール
フォーム

お電話での問い合わせ

電話での
問い合わせ

Copyright© 2019 LOHOUSE All rights reserved.