MENU

TEL

Newsお知らせ

ZEHの行着く先

皆さんご存じだとは思いますが、ZEHとはZERO ENERGY HOUSEの頭文字を取った略語です。
具体的には高い「断熱」性能をベースに、高効率機器やHEMSによる「省エネ」、太陽光発電などによる「創エネを組み合わせ、住まいの年間一次エネルギー消費量が正味おおむね0以下になるように創られた家のことです。

つまり発電による「創エネ」が必須条件な訳です。FIT(固定価格買取制度)が適用できる10年間は売電を行いますが、FIT期間の10年間が過ぎたあとは、売電価格が大幅に安くなります。この時点より太陽光発電の電気は自己消費をしていく方がお得となります。

この自己消費の際に必要になるのが「蓄電池」となります。
蓄電池が無い状態では昼間に発電した電気は垂れ流し(実際には低価格での売電)となりますが、蓄電池があればこれを貯めておき夜に使うことが可能になります。

現在、身近に手に入る蓄電池には据置型とEV型(Electric Vehicle 電気自動車)があります。EV型を利用するには別途EV用のパワーコンディショナーが必要になります。据置型でも単に蓄電池を追加できる場合は少ないようです。
容量の面から見るとEV型が圧倒的に容量が多く、コストの面から見れば据置型が導入しやすくなっています。どちらも言えることは発展途上中の技術や製品であり、数年後には想像もつかないような技術革新が起こっているかもしれません。10年前には現在のスマホの普及を予想できましたか?

最終的にZEHと太陽光は蓄電池をもって完結する訳で、時期の違いはあれ避けて通ることの出来ない問題です。

展示会ご予約

展示会
ご予約

メールでの問い合わせ

メール
フォーム

お電話での問い合わせ

電話での
問い合わせ

Copyright© 2020 LOHOUSE All rights reserved.